スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

ギルクエROM流 ギルクエの進め方

ギルクエROMのやり方
ある程度ギルクエに関する知識がないと、ここは理解しづらい言い回しなどがあります。
初回参加者は、やってはいけないこと(赤字で説明)だけを守ってください。
どんどん知識を増やしていきたい人は、質問してください。
余裕があるなら答えていきます。


第一段階 シャレニアン城門 担当人数2~3名
担当してない人はあまり動き回らずに門の前で静かに待機しましょう

ここはギルクエ進行者(以下進行)と他1名~2名で行います。

2人の場合  左担当は1~11 右担当は12~20
シャレニアン城門配置2人用

3人の場合  左担当は1~3と5~11 上担当は4と12と13 右担当は14~20
シャレニアン城門配置3人用


自分の担当範囲が光ったら「1」「2」・・・・のようにギルチャで合図します。
どこが光ったかは、暗記してください。
石像発言方法
慣れてきたら音だけを頼りに阿吽の呼吸で叩けます。そこまではやらなくていいかも。。。
確実にできるように集中するのみ。叩く順番を流れで覚えておくといいという人も。




第二段階 騎士のホール担当人数4~5名
どう動いていいか分からない人はここで待機しててください。
第二段階は、結構時間かかりますので、探索してみるのも吉
忍耐やってみようって思うなら挑戦してみてください。
騎士のホール待機場所

ここからだらだらとギルクエROM流騎士のホール攻略を書いていきます。

テレポ=T ダークサイト=DS 青槍(左槍)=b 黄槍(中槍)=y 赤槍(右槍)=r
封印は左から順番に1234
槍の色

(全体マップ及びそのほかを加工SS挿入)

ギルクエROMの注意点
①勇敢の部屋(錆びた鍵をドロップするところ)に行くのが全体魔法を使える人。
とった後、そのまま信念の部屋の鍵を開けてテレポで鍵を取りに行きます。
②青槍を取るのはDS行ける人。槍を取ったあと信念の部屋(DSで槍を取りに行くところ)の右上ポータルまでDSで進みます。
そこで①の鍵と青槍を交換します。(/交換 キャラ名を使えば画面外でも交換ができます。ただしミニマップで見える範囲です。)
槍と鍵の受け渡し場所


そのため、通常パターンはこうなります。
慣れたメンバーだと4人いたら十分。ROMだとこんな感じ。
①魔(4次以上)→鍵・T・4           
錆びた鍵を取って扉開けてテレポ行ってDSの人と槍を交換して4に封印
②賊(DS使えればOK)→b・3         
青槍取ってDSで扉の前まで進んで鍵と交換
③忍耐早い人→r・2
赤槍取って2に封印              
④忍耐普通な人→y・1
黄槍取って1に封印

メンバー多いときはぶっちゃけ①と②だけ決めたらあとは自由でもいけるんだけどね。

練習したい人はここを参考にしてください。
忍耐動画まとめ



第三段階 賢者の噴水担当人数1名
はしごにつかまって待機しててくれたらOKです

ここは酒・食を持ち越しているため、進行がクリアするだけです。
やり方は色々ありますが、今のところ4つ同じもの置いて正解の数だけ残していくやり方です。

どんなことやってるか興味あるひとは、cielのHPが良いですよ。さながらのプレイができます!!!



第四段階 地下水路担当人数4名
初めての人は最初の土管(5つの右下)に入ってひたすら右へすすんでください

30以下以外は基本的に誰でもいけるようになって欲しいところです。
第二段階のように暗号を決めてもいいのですが、基本的に30以下が時間がかかるため普通に「ズボン」「上着」「靴」と
言っても差し支えないでしょう。
できることなら30以下の人数を増やして欲しいと思うのは私だけでしょうか・・・・

ここでも忍耐動画まとめを参考にして練習してください。



第五段階 エレゴスの王子

ボスですね。ネクラなマンセーが相手です。ダメージは4k近くくらうので、HPに自信が無い人はやめた方がいいでしょう。

以上。



あ、ボーナス配置などは以下のとおりです。
①左上 ②左下 ③テレポ ④はしご ⑤右上 ⑥右下

ボーナス振り分け加工途中

全部で25個箱があるので、人数によってわけないとですね。
4人ならひとり6個づつ
6人ならひとり4個づつ
8人ならひとり3個づつ くらいになるのかな。




5/27追記

昔のことを書いてもしょうがないと思ったのですが、ギルクエROMがいったいどういった動きでギルクエを行っているのかっていうフローチャートを昔作っていたので、ここに載せておきます。
ギルクエフローチャート
これが出来た時が一番はやいのかな。
大雑把なフローチャートなので、分刻みじゃなくて本当は30秒刻みとかにすればもっといいのかも。
それと、フローチャートってのは、タイムアップにはどこをうまくまわせばよいのかってことに使うものなのですが、このチャートだとそれが分かりづらい。。。

どこがタイムアップのネックになっているのかがわかるためには、各作業に要する時間を正確に知る必要があります><

あくまで、目安程度です。
そこまでするつもりはありませんので、あしからず。
スポンサーサイト

| TOPへ戻る | 次ページ
このページの上へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。